鈴木 魁人

工事グループ 鈴木 魁人

第3工場 鈴木 魁人 SUZUKI KAITO


今はどんなお仕事をされてますか?
現場監督として橋を架ける仕事。工事には工期や条件があるので現場の仲間と相談し、準備をして職人さんに指示をします。他には現場の安全管理や工程管理、出来形の計測など、とにかく人とのコミュニケーションが大切な仕事、当たり前の事ですが相手の気持ち考える事が一番大切です。時に厳しくそして激しく怒られ、時に笑顔で優しい工事現場は大切なことを教えてくれる環境であり仕事です。

仕事のやりがいは?
もちろん橋が架かる事。そしてその橋が地図に残ること。現場の思い出は橋と共に残ります。初めての現場で地元の方に「開通すると今より早く孫に会いに行けるから楽しみ」と言われた時とても嬉しかったです。会いたい人に会うために、行きたい場所に行くために。この橋、この仕事が必要だと僕は思います。
入社のきっかけは?
高校生の頃から建設業という男らしい仕事に興味がありました。
そして瀧上で活躍している高校の先輩や、10年間建設業の現場監督をしていた担任の先生から現場には苦労の分おもしろさがありエピソードがあると生の声を聞き自分もその舞台で活躍したいと思った事がきっかけです。

瀧上工業はどのような会社ですか?
憧れる先輩がたくさんいる会社。仕事に対する情熱だけでなく、他人への気配りなど何気ない会話やコミュニケーションに助けていただいた事がたくさんあります。そんな先輩方は刺激となり目標です。