タフコネクトの付着力

無機ジンクリッチペイント塗装鋼板および亜鉛めっき鋼板とコンクリートの付着力 Adhesion between steel plate coated inorganic zinc-rich paint, or galvanized steel plate and concrete

    無機ジンクリッチペイント塗装鋼板と亜鉛めっき鋼板にタフコネクトを塗布し、コンクリート(配合強度36N/mm2)との付着力を試験しました。 タフコネクトを塗布しない試験片はコンクリートとの付着力がありませんでしたが、タフコネクトを塗布した鋼板はコンクリートの引張強度に 近い付着力が得られました。

タフコネクト塗布からコンクリート打設までのオープンタイムと付着力 Long-term open time between coating tough-connect and placing concrete

    無機ジンクリッチペイント塗装鋼板およびふっ素樹脂塗装鋼板にタフコネクトを塗布し(厚さ0.25mm)、 屋外で5日間から180日間の暴露保管をした後、コンクリート(配合強度70N/mm2)を打設し付着力を試験しました(試験は2回に分けて実施)。
    オープンタイムによる付着力の低下はなく、コンクリートの引張強度に近い付着力が得られました。

高温負荷後の付着力 Adhesion after high temperature

    グースアスファルト舗装熱の影響を考慮して、入熱部で130℃以上(最高174℃)を1時間保持(付着部の鋼板下面で50〜80℃)した後の 付着力を調べました。この条件では強度が低下しないことが確認できました。

▲ページトップへ