技術情報

技術開発・研究

瀧上工業では、さまざまな開発・研究を行っています。
コンクリート製品の開発、仮橋、特殊塗料の新開発などです。加えて、橋梁の保全事業に対応すべく、診断技術としての振動計測の開発、橋梁点検業務を行っております。このコンテンツでその一部を紹介します。

PCF壁高欄工法(VFRCタイプ)(NETIS登録NO. CB-050024-V)

PCF壁高欄工法は、あらかじめ工場にて製作したPCF版(Precast Concrete Form)を埋設型枠として壁高欄の外側に設置し、場所打ちコンクリートを打設して壁高欄を形成する壁高欄工法です。

製品外観
繊維補強モルタル(VFRC)
(Vinylon Fiber Reinforced Cementitious composites)

詳しくはこちらから

TMブリッジ(Takigami Maltifunction Bridge)

仮橋は災害復旧時の応急橋や工事用道路など、インフラ整備事業にとって必要不可欠な重仮設材です。TMブリッジは、小主桁化により、施工性・経済性に優れた仮橋です。

TMブリッジ
支保工基礎としての使用例(三重県)

詳しくはこちらから

タフコネクト(Tough-Connect)

-材型ポリマーセメント系着材による鋼材とコンクリートの密着防錆工法-
コンクリートと鋼材の界面を密着させて防食することで、耐久性を向上させる工法です。

排水升に適用
合成床版に適用

詳しくはこちらから

セメント系塗料(RTコート)

セメント系塗料(RTコート)は、無機系のセメント系塗料です。伸びて曲がる塗料でありコンクリートや鋼材に強く付着して雨水の侵入を防ぎます。

鋼板、鉄筋に塗布後、曲げた状況
拡大写真

詳しくはこちらから

維持管理を学ぶための鋼桁端部モデルの製作(岐阜大学)

岐阜大学では、「使いたくなるSIP維持管理技術のMEネットワークによる実装」の一環として「構造物モデルを用いたSIP維持管理技術の検証と維持管理技術者の育成」の活動が進められています。そのうち、当社は「鋼橋端部モデル」の設計及び製作を担当し、鋼橋の建設過程の学習や維持管理技術の教育に活用されています。

鋼桁端部モデルの全景

詳しくはこちらから

橋梁保全業務

橋梁が「より永く」「より安全に」供用されていくために、「橋を守る」をサポートし、社会に貢献するために日々努力しております。点検や診断の技術に加え、永く橋梁の建設に携わってきた経験とノウハウを駆使し、補強や補修の提案と設計、及びその施工に一貫した対応を致します。また、災害や事故による損傷の緊急点検と応急処置に、速やかに対応します。

トラス橋にトラス部材を追加して耐荷力を増した例
トラス橋の破断した斜材を緊急補修した例

詳しくはこちらから

振動計測診断

近年では橋梁構造物の老朽化が問題となっている社会的背景があり、供用中の構造物の振動データを利用して 劣化診断に役立てようとする試みがなされております。そこで、現地にて短時間かつ低コストで橋梁の振動を計測でき、ある程度の健全度判定ができる振動計測システムを構築することを目的としています。

供用中の橋梁の振動測定
振動測定で使用するポータブルな機材

詳しくはこちらから